工場の求人の数

工場の求人はよく見かけられるという印象がある人も多いでしょう。求人数は増えてきているのでしょうか。ここでは工場の求人の数の動向について詳しく解説します。自分に合う求人をたくさんの候補から選べるのかをよく考えてみましょう。

工場の求人の数の全体傾向

工場の求人の動向は全体として増えているのではないかと思う人も多いでしょう。求人情報誌や求人サイトを見ているとたくさんの募集が見つかるからです。しかし、全体的な傾向としては工場の求人の数は横ばいにな…

都会における工場の求人数の動向

コロナ禍により、求人数に大きな影響が出てきています。自動車や工作機械を製造する企業に関しては、求人数が全国面で微減しています。対して家電や重工業・プラント・半導体や精密機器などは求人数が微増してい…

地方における工場の求人数の動向

全国的に求人倍率は拡大しており、2021年6月の有効求人倍率は1.13倍で、前月よりも0.04ポイントアップしています。中でも製造業での募集は2020年6月と比較して39.3パーセントアップしてお…

工場の求人とキャリア構築

仕事を通してキャリア構築をしていきたいという人も大勢います。工場の求人を選ぶとキャリアアップを狙うことはできるのでしょうか。ここでは工場の求人とキャリア構築の関係について、職種ごとにわかりやすく解説します。

製造職の工場の求人とキャリア構築

製造職の工場求人を見ても、あまり魅力的に感じないという人は少なくありません。人にもよるのでしょうが、多くはキャリア構築に役立たないと考えているからでしょう。ところが製造職の工場では一般的な企業より…

品質管理職の工場の求人とキャリア構築

業種をしぼらずに求人誌などで仕事を探している人は、工場の募集を目にすることが多いと思います。ピッキングなどの軽作業や肉体労働、クリーンルーム内での作業など職種が多く、家電付きで無料の寮も完備してあ…

エンジニア職の工場の求人とキャリア構築

正社員の求人を探すのが確実性が高い

工場のエンジニアとしてキャリア構築をする場合、色々なルートがありますが、その中で確実性が高いと言えるのは正社員から始めるパターンです。正社員として工場に所属していれば、長い期間働けるため、スキルを身に付けることでキャリアを構築しやすいです。そして、正社員専用の技術研修など、キャリア構築に繋がる要素も数多くあります。そのため、エンジニアとしてのキャリア構築を優先するのであれば、正社員の求人を探すと良いでしょう。また、契約社員から始めたとしても、キャリア構築をすることは不可能ではありません。契約期間が終了した後で、無期雇用扱いとなってキャリア構築に繋げられる可能性はあります。したがって、正社員の求人が見つからなかったり、正社員では断られ続けたりするのであれば、契約社員の求人も探してみましょう。

派遣や期間工は避ける

工場の求人の中には、一定の期間だけ働くという期間工もたくさんあります。その期間工はあくまでも単純作業を行う一時的な人手を求めていることがほとんどで、期間が終了すればそこから先の付き合いはまずありません。また、スキルや実績を身に付けることが中々できないので、キャリアを重視する場合は期間工は避けておいた方が無難です。そして、期間工とは別に派遣タイプの求人もありますが、こちらもキャリア形成をするには時間と手間がかかります。派遣タイプで所属するのはあくまでも派遣会社で、どこかの工場に出向く形です。そのため、工場でキャリアを積み上げるには、派遣会社から工場へ就職し直す手続きが必要です。したがって、キャリア形成を前提にするのであれば、直接工場に就職した方が良いです。